top of page
IMG_6096.JPG

改良土「リ・テラ」について

地球温暖化防止、二酸化炭素排出量削減をはじめとする自然環境に対し、国際的な取り組みが求められています。豊かな自然を次の世代へ届けるために今できること。
セイビは地球にやさしい石灰系固化材を使用した改良土「リ・テラ」を開発しました。
公共事業で発生する土を原料とし、リサイクルできるよう改良した土です。
安全で作業性がよく、盛り土材や埋め戻し材などに再利用されています。
建設発生土のリサイクルを推進し、地球環境保全に貢献したい。
株式会社
セイビは、廃棄物をなくすゼロ工ミッションの環境型社会を目指しています。

改良前と改良後

【News】

2023年10月16日

株式会社セイビが、国土交通省関東地方整備局より、建設発生土のストックヤード運営事業者として認定されました。

​併せて、県南改良土リサイクルセンターも、建設発生土の登録ストックヤードとしての認定をいただきました。

[最大堆積土量 65,000㎥]

IMG_6096.JPG
Art001.png

​利用計画書ダウンロード

公共工事で県南改良土リサイクルセンターをご利用の際は、利用計画書をダウンロードして頂き、FAXにて当社へお送り頂けますようお願い申し上げます。

  • 改良土センターが稼働していない日はありますか?
    毎週日曜日は定休日となります。 また、雨天時は土が濡れてしまうためお休みとなります。 小雨、または途中から雨が降った時など、判断に困る時は、お問い合わせください。
  • 持ち込み可能な土は?
    粘性土等、リサイクルが難しい土の持込みはお断りしております。 受け入れ可能か判断が難しい場合は、事前に土をお持ち頂いて判断させて頂きます。
  • ​発生土(残土)のみの利用はできますか?
    改良した土を再度ご利用頂く事業となりますので、発生土のみでのご利用はご遠慮頂いております。
bottom of page